中古トラックの買取と下取りの違いとは

MENU

中古トラックの買取と下取りの違いとは

買取と下取りの両方を考えて中古トラックを売却しようとしている方もいるでしょう。まず理解をしないといけないのが、買取と下取りの違いです。
買取の場合は手放した後に手元に車両が残ることはないものの、買取に特化した専門の業者も多い為、高額買取をしてもらえる傾向があります。
一方下取りの場合は、車の代金の一部として引き取ってもらうことであり、新車や中古車を購入することが前提となります。物々交換に近い感覚でいれば問題ありません。

 

買取のメリットになるのがやはり下取りよりも買取額が高いことです。さらに、即日即金に対応しているところが多く、すぐに現金が欲しいという方のニーズにマッチしていると言えます。
逆にデメリットになるのが複数の買取業者に問い合わせて査定をしないといけないので面倒な点や新しくトラックを購入する時に別の業者に頼らないといけないことです。
下取りは手続きが楽でディーラーよりも立場が上で嫌な思いをすることが少ないというメリットがあります。デメリットは買取価格がどうしても安くなってしまうことです。

 

一概に買取と下取りのどちらが良いかということは言えません。あくまでもニーズにマッチしているかどうかで考えるべきです。
下取りをされる方は、その後に中古車を活用して商売をするのであれば、ニーズにマッチしているでしょう。買取は買取価格に拘る方のニーズにマッチしており、ニーズによって選択は変わるものです。
この点をしっかり理解した上で買取と下取りを選択した方が良いでしょう。